オランダ東インド会社と東南アジア - ファン・フ-ンス

オランダ東インド会社と東南アジア

Add: ujuzep34 - Date: 2020-12-07 22:39:44 - Views: 9162 - Clicks: 6337

See full list on wpedia. 英国の植民地行政家。インド・東南アジアにおける植民地政策推進に活躍。初め東インド会社員となり,マレーで活動。のち1811年ジャワに進攻,副総督となり,税制など諸改革を推進。のちスマトラ副総督となり,ジャワがオランダに返還されるや,1819年. ドーフィン(S804 Dolfijn) - 1993年 4.

を、オランダ東インド会社の取締役が スペインと同盟したポルトガルに屈す ることを恐れ、世論を喚起するため、 1609年「海洋自由論」として出版する。 それは公海自由の原則の確立のきっ かけとなった。 オランダ東インド会社の船が、マラッ. オランダ東インド会社は、1609年から東インド総督の職を設け、ピーテル・ボートが初代の総督に任命される。歴代の総督は艦隊を指揮して各地を巡航していた。オランダはその方針を変え、1619年第4代東インド総督ヤン・ピーテルスゾーン・クーン(在任1618. 東インド会社の支配下で、東インド会社の保護によって、インドから東南アジアさらには 東アジアでの海洋貿易に従事していたという見方です。通説の第二は、アルメニア商人と 東インド会社の間に締結された1688年の交易協定、後ほど資料に出てまいり. 図1 3つの東インド会社のアジア商品のヨーロッパでの年平均販売額年(単位:リーブル) 典拠:島田竜登「18 世紀前半におけるオランダ東インド会社のアジア間貿易」『西南学院大学経済学論集』43 巻1・2 合 併号、 年、44 頁、表4 より作成。. ディマコ C7A1小銃 13. 120mm迫撃砲 RT 10.

レオパルト1BARV海兵戦車回収車 × 4輌 5. NDC : 290 NDC : 208 FREE : 大航海時代叢書 FREE : オランダ FREE : 東インド会社 FREE : 東南アジア 歴史 FREE : 東インド会社(オランダ) 注記: 内容:オランダ東インド会社と東南アジア 編集:生田滋ほか: タイトルのヨミ、その他のヨミ: Oranda higashi indo gaisha t. まずオランダ人のバタヴィア年代記作者ファン・デ・ウァッルが、1923年にコルネリアをカリカチュアのように描いています。 「コルネリアの話しぶりは独特だった。経験によれば、盛り上がった両の腕が太.

17世紀始めには英蘭両国はカトリックのスペイン・ポルトガル勢力に対して協力関係にあったが、オランダ東インド会社の実力がイギリス東インド会社を上回り、1623年のアンボイナ事件を契機に、イングランドは東南アジアや東アジアから撤退せざるを得. 年6月現在。『Jane&39;s Fighting Ships』より。 過去に就役した艦艇については「オランダ海軍艦艇一覧」を参照。 通常動力型潜水艦 1. 海兵隊(海兵隊は約3,100人) 2. 王立海軍士官学校 なお、オランダ本土の運河など内水の哨戒任務はオランダ陸軍が担っており、陸軍は哨戒艇部隊を保有する。.

スパイク対戦車ミサイル 25. XA-180装甲兵員輸送車× 20台 4. 17世紀、スペイン・ポルトガルの没落に伴い、アジア海域世界への進出をイギリスとオランダが推進した。 1612年にはオランダ東インド会社がチェンナイの北プリカットに商館を構えていたが、1623年、英蘭両国が東南アジアで衝突してアンボイナ事件が起こり、イギリス東インド会社は東南. 海軍参謀本部 2. L16 81mm 迫撃砲 11. セルブ=クロアート=スロヴェーン王国. ゼーレーウ(S803 Zeeleeuw) - 1990年 3.

オランダ東インド会社植民地総督(1691年-1795年) シモン・ファン・デル・ステル(再任:1691年 - 1699年) ヴィレム・アドリアーン・ファン・デル・ステル(en:Willem Adriaan van der Stel) (1699年 - 1707年). AT4携行対戦車弾 23. ワルラス級×4 1. ウニモグ× 17台 8.

オランダの東インドにおける植民地経営,貿易を独占的に行った会社。オランダの東洋進出は,スペイン,ポルトガルより約1世紀遅く,1595‐97年のハウトマンの航海に始まるが,その帰国に刺激されて多くの航海会社が乱立し,過当競争により利益が上がらなくなったので,オランダ連邦議会. ワルラス(S802 Walrus) - 1992年 2. ブルインヴィス(S805 Bruinvis) - 1994年 フリゲート 1. 沿岸警備隊(本国周辺を担当) 2. FN P90短機関銃 21. ブラント MO-60-V 60mmコマンドー迫撃砲 12. オランダ東インド会社;.

そこで東インド会社の上級職員であったピーテル・クノール(Pieter Cnoll)と結婚し10人の子供を生んだ。1672年に夫クノールと死別。1682年に裁判官のヤン・ビッテルと結婚し、オランダに移住した。 関連項目. この出資形態は中世以来のオランダの商習慣の積み重ねの自然な結果。 東インド会社(voc) 1602年設立。遠隔地貿易、海運業、植民地経営。世界の東半分すなわち南ア喜望峰から中国・日本に至るエリアの貿易独占権を全州議会から与えられる。. 目立つ。ラテンアメリカとヨーロッパを結ぶスペ イン銀船隊やマニラ・ガレオン船も記されている ものの、p. 32~33にある2つのグラフがヨーロッ パと日本を含めたアジアを結ぶ主役が誰かを物語 る。. えた西インド諸島は、タバコ栽培の北米南部植民地 とともにイギリス帝国経済の核となった。奴隷貿易 を含む「大西洋の三角貿易」の発展は、イギリス東 インド会社が南アジア地域から輸入した綿布に対す る需要を高めて、アジア産品の輸入代替産業として. FN MAG汎用機関銃 16. 資料が所蔵されている。 18世紀オランダ東インド会社で働く人間はアジアでのべ2万人ほ. カレル・ドールマン級×2 1.

3節 インド・東南アジア・アフリカのイスラーム化. オランダ東インド会社と東南アジア - ファン・フ-ンス デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン(F802 De Zeven Provinciën) - 年 2. 年6月現在。『Jane&39;s Fighting Ships』より。 海軍航空隊は廃止され所属機は全て空軍に移管し、ヘリコプターは国防ヘリコプター集団に属している。 回転翼機 1. アキュラシー・インターナショナル AWM対人狙撃銃 18. 1602年にオランダ東インド会社が設立され、東アジア、東南アジア諸国との大規模な貿易が始まる。これにより多くの富がもたらされた。 これにより多くの富がもたらされた。. 潜水艦部隊 2.

レオナルド・キャンプス(Leonard Camps,? デ・ロイテル(F804 De Ruyter) - 年 4. オランダ東インド会社の職員も,白然条件 に主な原因を求めていた。すなわち,熱帯の 低湿地という不健康な気候,真水の欠如,そ して1699年のサラク(Salak)火山の大噴火 によって砂洲が町の前にできたことである 。 会社職員が会社の政策をあからさまに批判す. モスバーグM500散弾銃 22. オランダはアジアにおける植民地経営とアジアでの貿易の独占を目指して1602年に東インド会社を設立した 。オランダはポルトガルとの競争で優位に立つためにアジア各地に商館を建設した 。. 正 式には,オ ラ〃 議会(S・. 1596年オランダ艦隊がジャワのバンテンに入港し,1602年連合東インド会社を設立。1619年オランダの東インド総督クーンがバタヴィア(現ジャカルタ)を建設し,独占権を与えられて駐在,盛時にはアジア方面で36の商館を経営した。当初は領土的関心よりも.

オーストラリアの歴史 オーストラリアの歴史の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 世界史【東南アジア史】ゴロ,Tanaのブログ『~ありがとうが返ってくるコンテンツを~』 世界史・世界史解説⇒YouTube(板書はInstagram)・ゴロ紹介⇒Tik Tokとブログ(画像はInstagram) 歌・歌⇒カラスタで気ままに歌投稿 Tanaのおすすめ⇒こちらのブログで紹介 Twitterなどで各活動の最新情報を発信. オランダ東インド会社は1602年3月20目 にヨ・・ンファンオルデンバアルネフエル ト(J・hanvan Oldenb、rnev。 lt)に よリオランダに生まれた. ディマコ C7A1短小銃 14. 東南アジアのオランダ商館 編集 オランダはアジアにおける植民地経営とアジアでの貿易の独占を目指して1602年に東インド会社を設立した 。オランダはポルトガルとの競争で優位に立つためにアジア各地に商館を建設した 。. H&K MP5短機関銃 20. ステアー SSG69狙撃銃 17. ファン・アムステル(F831 Van Amstel) - 1993年 1. パンツァーファウスト3携行対戦車弾 24.

エヴェルトセン(F805 Evertsen) - 年 哨戒艦. 東南アジアのムスリムの中でアラブ地域の定期刊行物 に最初に関心を示したのは、シンガポールやインドネシア (一九四二年まではオランダ領東インド)に住むアラブ人 部分は、ハドラミー(であった。東南アジアに少数ながら居住するアラブ人の大. 海軍司令部 2. オランダ 東インド会社の貿易網を示すオレンジ色の航路が. メルセデス・ベンツ・Gクラス× 40台 7.

「タイオワン(台湾)をめぐる17世紀の海外貿易」『東南アジア研究年報』第31集: 1989: 25ー68頁: 平戸市教育委員会 『史跡平戸和蘭商館跡ii』平戸市教育委員会: 1989: 科野孝蔵 『オランダ東インド会社の歴史』同文舘出版: 1988: 長崎県教育委員会. オランダは建国以前神聖ローマ帝国次いでスペインの領土となったが、毛織物産業が発展しており貿易も盛んであった。それらの商船を海賊や私略船が襲うこともしばしばであり、商人は自衛のために武装を行った。この武装商船がオランダ海軍の起源といわれる。 八十年戦争(オランダ独立戦争)ではこれらの武装商船が結集して戦った。この当時軍船とその他の船の間には特殊なものを除いて明確な境界はなかったため、多くの商船を有していたオランダは強力な海上戦力を保有する潜在能力を有していた。 1602年にオランダ東インド会社が設立され、東アジア、東南アジア諸国との大規模な貿易が始まる。これにより多くの富がもたらされた。1623年にはアンボイナ事件が起きイギリスに対してこの地域での貿易で優位に立ったものの、対立構造が決定的になった。1650年代イギリスがオランダの商船を接収して積荷を没収するようになり三次に渡る英蘭戦争が勃発した。オランダ海軍は港湾の関係上大型の艦は使用できなかったが、マールテン・トロンプやミヒール・デ・ロイテル等の名将のもと大型の戦列艦に対して健闘した。英蘭戦争が起るまでの17世紀前半はオランダの黄金時代であり、イギリスが優位になった後もオランダ海上帝国として、帝国主義時代まで続く列強の一員であった。 18世紀、オランダはフランスと戦い国力を消耗した。オランダの有力な植民地はインドネシア(オランダ領東インドが成立するのは20世紀)しかなく、他の列強に比較すると格の落ちる海軍しか整備できなかった。また1795年にはフランスに占領されバタヴィア共和国となる(フランス革命戦争)。この時期英海軍を相手としてキャンパーダウンの海戦を戦った。 20世紀、オランダは第二次世界大戦まで大きな戦争を戦うことはなかった。また、オランダは第一次世界大戦に中立であり、参戦することは無かった。 その後、大日本帝国の勢力が拡大するにつれてインドネシアの安全が脅かされることとなる。オランダは自国経済の要であるインドネシアを防衛すべく重点的にそちらに海軍戦力を配備した。1940年5月にはナチス・ドイツのフランス侵攻に伴い、オランダ本国がドイツに占領された。短時日の陸戦による戦闘が主であり、海上戦闘はほとんど無かった。また、第二次世界大戦における大日本帝国海軍とオランダ海軍の戦力差は隔絶しており、1942年に入. ファン・スペイク(F828 Van Speijk) - 1995年 2.

空軍海軍航空部(旧海軍航空隊で現在は空軍の国防ヘリコプター集団に統合されている) 3. BV206装軌装甲車 × 156輌 2. オランダ再独立の2年後、1817年にオランダ船が長崎港に入港し、ドゥーフは国の名誉を守ったとして、オランダより最高勲章「 オランダ獅子士勲章 (英語版) 」を賜わり、17年ぶりに故国オランダへ帰国した。他のカピタンが長くても数年で帰国している中. ランドローバー・ディフェンダー ファン・フ-ンス 6.

トロンプ(F803 Tromp) - 年 3. じゃがたらお春; ニコラス・クーケバッケル. ウェストランド リンクス Mk. 著者名ヨミ. 第二次世界大戦前に海軍司令長官(BDZ)の職が設けられている。この職は海軍最高司令官として機能し年まで続く。海軍司令長官はオランダ海軍司令官(CZMNED)、カリブ海海軍司令官(CZMCARIB)と海兵隊総司令官(CKMARNS)を主導し、デン・ハーグにある海軍参謀本部を指導する。 年に国軍の大規模な組織改編がなされ、統合参謀総長が指揮権を集約し各軍参謀総長は権限を制約され教育訓練を主に担当することになる。海軍の実戦部隊は海軍司令部に統合される。海軍司令部は人事、設備管理、会計管理の機能が除外されいくつかの任務は各局や参謀本部に引き継がれている。 また、海軍司令官は北大西洋条約機構の一員としてベネルクス海軍司令官(Admiraal Benelux)が設けられ、戦時および国際的演習などでベルギー=オランダ艦隊を編組し指揮する。この機能は常設となっておりデン・ヘルダー海軍基地にはベルギー海軍の参謀が置かれ統連合司令部として存在している。 年時点で現役兵総員約9,400人。予算は99億5,000万米ドル。 1. 113コメリン東インド会社の起源と発展* アムステルダム 2 1644年刊 図書館 114コメリン『オランダ東インド会社の起源と発展』 アムステルダム 2 1646年刊 図書館 115クーレン『海図帳』オランダ語版 アムステムダム 1 1695年以降刊 図書館. DAF社製トラック 9.

n・-Genraal)か らオラ. NHインダストリー NH90 NFH/TNFH汎用ヘリコプター×12/8 2. デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級×4 1. BvS 10装軌装甲車 × 74輌 3. ディマコ C7軽機関銃 15. カリブ海沿岸警備隊(カリブ海領土を担当) 2. 機雷戦部隊 2. バレットM82対物狙撃銃 19.

- 1623年11月23日)は、オランダ東インド会社平戸商館の第4代商館長。ヤックス・スペックスの後任として、1621年10月29日から1623年11月21日までその任にあった。.

オランダ東インド会社と東南アジア - ファン・フ-ンス

email: kesiz@gmail.com - phone:(835) 696-7693 x 9461

オールドマンパー カレンダー 2014 - これからの学校 新学習指導要領がめざす

-> 弁理士になるには 2007 - 藤井久子
-> 土壌汚染 - 中西友子

オランダ東インド会社と東南アジア - ファン・フ-ンス - ベターホームのおとなの和食 財団法人ベターホーム


Sitemap 1

JFA news 2006.5 - 実教出版 簿記実務検定 模擬試験問題集